2014年 01月 19日

映画「E.T.」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 192 $の勝ち

本日は20時から晴れですウ・・ ウン(・_・;)

天気が良いなら飲みに出てみよっとε=ε=ヘ(;゚∇゚)ノ ゴーゴー♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の魅力を紹介したい!と燃えております!Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ
ってヤフーに載ってる感想ですがヾ(>▽<)oきゃはははっ!


今回は「E.T.」の感想について紹介しようかと思っています!!ヽ(*^∇゚)oC□☆□Do(゚∇^*)ノ カンパーイ♪


この映画が作られた年は1982年です!

監督はスティーヴン・スピルバーグで、脚本がメリッサ・マシスンです!\(▽ ̄\( ̄▽ ̄)/ ̄▽)/ヤッタァー!!

この映画の主役はヘンリー・トーマス (エリオット)、ディー・ウォーレス (メアリー)です!!!!(ーΩー )ウゥーン

この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
ヘンリー・トーマス (エリオット)、ディー・ウォーレス (メアリー)、ロバート・マクノートン (マイケル)、ピーター・コヨーテ (キーズ)、ドリュー・バリモア (ガーティー)、C・トーマス・ハウエル (タイラー)、エリカ・エレニアック (エリオットの同級生)ってな感じ。( ⌒▽⌒)( ⌒▽)(  ⌒)(   )(⌒  )(▽⌒ ) ニヤニヤ

自分は、ハリウッドの娯楽映画は基本的に

あまり観ないようにしているのですが

、それは何故かと言うと、余りにも非現実的なストーリーだったり、

映画後半のクライマックスなんかの“ここが

一番の見せ場ですよ~”と言わんば

かりの派手なアクションや、ただの一組の男女の恋愛なのに

ハッピーエンドを迎えると周りの人が

拍手までしてしまうような大袈裟な演出など、

オーバーでわざとらしい映画を見せるハリウッドのスタンスに

辟易してしまう事が何度もあったわけで

すが、この映画は不思議とそのような気持ちは

湧いてこなかったです。



宇宙人なんて、映画の中では地球の生活に

順応しているように描かれていますが

、実際は敵対心剥き出しで人間に攻撃してくるかもしれないし、

食べ物だって人間が食べるようなものは

食べられないかもしれないし、もし食べたとしたらその辺に

ウ●コを撒き散らす事だってあるかもしれない。



要するに、そういったマイナス要素を

全て排除して、感動を与えられるように

上手い具合に筋道立てて作った、言わば

ファンタジー映画のド真ん中的な映画で

しょう。





エリオットがE.T.と一緒に空を

飛ぶシーンは、満月を背景にして飛ぶワンショットのわざとらしさに

多少の嫌悪感を抱くことはあったに

せよ、音楽の素晴らしさも相俟ってそれを

打ち消すほどの見事なシーンだったと思います。



そして、最後の方でパトカーに追われているシーンで

も、一度空を飛ぶシーンを見ていたことで

ある程度の予測は出来ていてニ回目に

感動なんか出来るのかと不安になりましたが

、一度目のシーンを更に上回る感動を

覚えた自分にもまた驚いてしまいました。

想像を超える感動というのはまさに

この事で、観る側に悟られていなが

らもそれを超える驚きを演出するというのは

、バーーン!といきなり驚かせることよりも何倍も難しいは

ずです。



ハリウッド嫌いの自分でも、スピルバーグだけは

やはり一目置かざるを得ないと改めて感じさせられた一本。





++++++++++++++++++++++++++++++++++

麻雀の役って一杯ありますよね~(⌒~⌒)ニンマリ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回は役牌を説明したいと思います!!!(●⌒∇⌒●) わーい


役牌(ヤクハイ)

和了の中に役牌が刻子(コウツ)・槓子(カンツ)であれば成立します

刻子とは同じ牌が3牌あることです。
自分の手牌の中にあるなら暗刻、
鳴いているかロン牌なら明刻といいます。


字牌のうち3牌あれば白,発,中は無条件で役牌です。
東,南,西,北は場風か自風の時に役牌となります。

南場なら全プレイヤーの南が場風となり役牌です。
西家の場合、北は自風となり役牌です。


東場で東家、南場で南家の場合、
それぞれ風牌の刻子で役牌が重複するため2翻となります。


この2ハンを、ダブトンとダブナンと言います。

計算時の読み方は「ヒトヤク」、二つあったら「ヤクヤク、フタヤク」と表現することもあります。

鳴いても成立します。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

役牌(出現割合:40.0%)
今流行(?)の早上がりのスタンスでは、一番に鳴くのがこの役牌。
鳴いた瞬間に1役確定するのは上がり重視の観点からしても大きく、DORA麻雀で人気のある東風戦での戦いの中では一番世話になる役だ。もちろんドラが役牌の場合はすぐに飛びつくことで序盤から他家にプレッシャーをかけながら優位に卓を進めることもできる。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じ(ーー;).。oO(想像中)


本日はこの辺で!
しっかし今日は鼻が痛いなあ
お休みなさい川*'o'*川ノ~お川*'0'*川ノ~や川*'・'*川ノ~す川*'ー'*川ノ~み

DORA麻雀 違法


麻雀の戦略やその他諸々について




おすすめ記事



[PR]

by pldf23z1 | 2014-01-19 20:48


<< DORA麻雀の役「純チャン」 ...      DORA麻雀の結果(本日今のと... >>