2014年 01月 27日

映画「二百三高地」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 188 $の負け

う~ん。まずい!肥満になってきたo(T(●●)T)oオオオン
減量しないとまずいな。。

減食は続かないので
スポーツしよかヾ( ´Ω`)ノ フッ

どんなものがいいか?アセアセo(^^;o)Ξ(o;^^)oΞo(^^;o)Ξ(o;^^)oドウモ~♪
スポーツと言えば太極拳なのかな
私に限っては(-。-;)

ですが、一人だと継続できる自信がないです(-"-;A ...アセアセ
誰か一緒にやる仲間緩墓。o@(^-^)@o。ニコッ♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の魅力を伝えたい!と燃えております!( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
ってヤフーにある感想ですが(*  ̄▽)o□☆□o(▽ ̄ *) カンパァーイッ♪


今日は「二百三高地」の感想について紹介しようかと思っています!!!!☆⌒d(*^ー゚)b グッ!!


この映画の製作年は1980年です!!!

監督は舛田利雄で、脚本が笠原和夫です!!乾杯じゃ~(ノ▼皿▼)ノC□☆□Dヽ(▼皿▼ヽ)

この映画でメインで出てくる人は乃木希典演じる仲代達矢ですσ(゚・゚*)ンート・・・

取り敢えず、この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
仲代達矢 (乃木希典)、あおい輝彦 (小賀武志)、夏目雅子 (松尾佐知)、永島敏行 (乃木保典)、村井国夫 (沖禎介)、野際陽子 (乃木静子)、新克利 (相野田是三)、湯原昌幸 (梅谷喜久松)、新沼謙治 (木下九市)、名和宏 (中村覚)って感じですね。v(o ̄∇ ̄o) ヤリィ♪

日本の近代史を知る素材としては大変貴重だし素晴らしい。



3時間余りにわたって様々なエピソードが

積み重ねられた重厚な構成になっている。



ただし、この時代の水準と今を比べるのは

酷だが、紋切り型の人物設定にオーバーアクションな演技、

取って付けたような恋物語、貧弱な音響と雑な編集、

細部まで神経の行き届かない戦闘シーンなどを

我慢する必要がある。



本作を観て重なったのが「男達の大和」だ。



撮影技術の多少の進歩はあれど、四半世紀何も新しいスタイルや思想を

生み出していないということが逆に

わかってしまった。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

麻雀の役って一杯ありますよね~。ホホホΨ(-◇-)Ψホホホ~~
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回は役牌を説明したいと思います!´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)ウフフフフフ


役牌(ヤクハイ)

完成の中に役牌が刻子(こうつ)・槓子(カンコ)であれば成立します

刻子とは同じ牌が3牌あることです。
自分の手の中にあるなら暗刻(アンコ)、
鳴いているかロン牌なら明刻(ミンコ)といいます。


字牌のうち3牌あれば白,発,中は無条件で役牌です。
東,南,西,北は場風か自風の時に役牌となります。

東場なら全プレイヤーの南が場風となり役牌です。
南家の場合、南は自風となり役牌です。


東場で東家、南場で南家の時、
それぞれ風牌の刻子で役牌が重複するため2翻となります。


この2ハンを、ダブ東とダブ南と言います。

計算時の読み方は「ヒトヤク」、二つあったら「ヤクヤク、フタヤク」と表現することもあります。

鳴いても成立します。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

役牌(出現割合:40.0%)
今流行(?)の早上がりのスタンスでは、一番に鳴くのがこの役牌。
鳴いた瞬間に1役確定するのは上がり重視の観点からしても大きく、DORA麻雀で人気のある東風戦での戦いの中では一番世話になる役だ。もちろんドラが役牌の場合はすぐに飛びつくことで序盤から他家にプレッシャーをかけながら優位に卓を進めることもできる。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じ(*'へ'*) ンー



DORA麻雀の場代

この辺りで!
今日は肩が痛いなあ
腹を冷やさないようにして寝ます。おやすみ~。ξ・◇・ξ/~~~ オヤスミー



おすすめ記事



[PR]

by pldf23z1 | 2014-01-27 03:41


<< 映画「スポーン」のレビュー &...      DORA麻雀の結果(本日今のと... >>