2014年 01月 28日

DORA麻雀の役「七対子」 & 映画「ラットレース」について

今日は18時から大雨みたい\(;゚∇゚)/ヒヤアセモン☆

天気がわるいだったら面倒くさいな~。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。ウワーン!!

先輩との約束があるんだな~[壁]/・x・)・x・)ノチャオ♪
まあ、いっか~♪
キャンセル((┌(。△。)┐))ワッハッハ

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の感想を紹介したいと燃えております。☆^(o≧▽゚)oニパッ
ってyahooレビューですが(^○^)


今回は「ラットレース」の感想ですね!キャハハ!!彡ヾ(▽≦*)ツ...ヾ(*≧▽)ノ彡キャハハ!!


この映画が作られた年は2001年です!

この映画のメインは何と言っても!!!ジョン・クリーズ (ドナルド・シンクレア)やローワン・アトキンソン (エンリコ・ポリーニ)です!(○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・

取り敢えず、この映画の出ている人列挙するとジョン・クリーズ (ドナルド・シンクレア)、ローワン・アトキンソン (エンリコ・ポリーニ)、ラナイ・チャップマン (メリル)、ウーピー・ゴールドバーグ (ベラ・ベイカー)、キューバ・グッディング・Jr (オーウェン・テンプルトン)、セス・グリーン (ドウェイン)、ウェイン・ナイト (ザック)、ジョン・ロヴィッツ (ランディ)、ブレッキン・メイヤー (ニック)、キャシー・ナジミー (ビバリー)ってな感じ(`L_` )ククク

現代版キャノンボール。



最初ワクワクで、途中ダラダラ、んで

後半のお約束パターン、でも最後の大団円が

最高にいい気分にさせてくれた。



それで途中のグダグダの展開もあんまし好きじゃないビーンのキャラも許せてまう。



元気ないとき気分転換に最適な映画やと思う。

頭からっぽで観れるし。



観終わればいい気分やし。



最後の歌もよかったな~。



「いいことは時間がかかるが最高に

いいことは突然やってくる」って台詞、

素直に信じれそーな映画やった。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

麻雀の役って一杯ありますよね~。ヽ(▽^〃ヽ)ヽ(〃^▽^〃)ノ(ノ〃^▽)ノ ワーイワーイワーイ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回は七対子に焦点を当てたいと思います!!!!(  ̄ー) ヨコガオニヤリ


七対子(ちーといつ)とは、チートイ、ニコニコとも呼ばれ、名前の通りトイツを7つそろえる和了り役です。


今までの4面子(メンツ)1雀頭とは少し異なり、2対子(対子(トイツ))×7組で完成となります。

必然的にポンやチー・カンはしませんから面前での和了となる。


4枚同じ牌がある場合は七対子(ちーといつ)は成り立たない(>▽<;; アセアセ

つまり、4枚使いの2枚×2組は2対子(トイツ)とはなりませんから、
七対子は成り立たないから覚えておきましょう。


イーペーコウ・二盃口(リャンペーコー)とは複合できない

一盃口(イーペイコー)と七対子ができているような場合もありますが、
これは一盃口(イーペイコウ)にはならない。

七対子あくまでも7組の2トイツをそろえるあがり役なのです。

同様に、二盃口(りゃんぺーこー)と七対子ができている時も、同じ理由で複合できません。


二盃口は3飜役、七対子(ちーといつ)は2飜役ですので七対子を諦めた方が無難です。 (;´▽`A``



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

七対子(出現割合:2.52%)
役満である国士無双を除くと唯一の特殊形がこの七対子。
もちろんDORAでは符計算はそのまま採用なので、点数自体 「二飜=1,600/2,400、三飜=3,200/4,800、四飜=6,400/9,600」(子/親)と計算される。
尚、七対子なので同じ槓子(同じ牌が4枚)は認められない。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じσ( ̄、 ̄=)ンート・・・


この辺りで!
しっかし今日はお腹が痛いなあ
腹を冷やさないようにして寝ます。おやすみ~。||寝室||Ю o(▽` o) =3 =3 =3 オヤスミー♪



おすすめ記事



[PR]

by pldf23z1 | 2014-01-28 19:18


<< 映画「アメリカン・スプレンダー...      DORA麻雀の結果(本日今のと... >>