2014年 02月 02日

映画「トロン:レガシー」の感想 & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 134 $の勝ち

やばいな3日前血液検査の診断結果が戻ってきたんですね~ミ( ノ〃⌒ー⌒)ノ シュタッ!登場♪

結果は・・・異常あり。ウルウル(;ェ;`)(´;ェ;)ウルウル

とにかくダイエットを始めないとダメだから
はー。ダイエットか~。。・゚・(ノД`;)・゚・

食事制限するのは不可能なので
スポーツするべきなのだろうな(´ー`)┌フッ

どんな競技がいいかな~?アセアセo(^^;o)Ξ(o;^^)oΞo(^^;o)Ξ(o;^^)oドウモ~♪
運動と言えばスノーボードなのかな
僕にとっては、ヽ`(~д~*)、ヽ`…(汗)

さりとて、独りだと続かないだろうな~フッヽ(ω` )ノヽ(´ω`)ノヽ(´ω)ノ フッ
誰か一緒に頑張ってくれるパートナーを誘わないと(_¬_)逆ニヤリ

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

映画って本当に面白いですよね~
だから映画の魅力を紹介したい!と燃えておりますプププッ (*^m^)o==3
とは言ってもヤフーに載ってる感想ですが(* ̄▽ ̄*)ノ"


今日は「トロン:レガシー」の感想ですね!!!!( ̄w ̄) ぷっ


この映画が作られた年は2010年です!!!

この映画のメインは何と言っても!!!ギャレット・ヘドランド (サム・フリン)、ジェフ・ブリッジス (ケヴィン・フリン/クルー2.0)です!(・へ・;;)うーむ・・・・

この映画の出ている人列挙するとギャレット・ヘドランド (サム・フリン)、ジェフ・ブリッジス (ケヴィン・フリン/クルー2.0)、オリヴィア・ワイルド〔1984年生・女優〕 (クオラ)、ブルース・ボックスライトナー (アラン・ブラッドリー/トロン)、ジェームズ・フレイン (クルー2.0の部下 ジャービス)、マイケル・シーン (キャスター)、ジェフリー・ノードリング (エンコム社 リチャード・マッキー)、スティーヴン・リズバーガー (シャディックス)ってな感じ。。o@(^-^)@o。ニコッ♪

夏の暑い盛りに見たので、全体的に映像が

涼しげで良かった。



ただ映像はとても綺麗で素晴らしいと思うのだが

、いかんせん自宅での鑑賞では綺麗だな~って程度で

終わってしまった。





映画館、それもIMAX3Dで見れば

また感想が違うのかもしれないけれど。



ただそうだとしても、映像を見に行くだけに

映画館に行きたくなるほどの映画で

はなかった。





●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

麻雀の役って一杯ありますよね~。ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は三色同刻に焦点を当てたいと思います!!!ギャハハ!! (゚▽゚*)ノ彡☆バンバン!!


三色同刻(サンショクドウコウ)というのはとても稀な役ですね。
ここでは、師匠役の木村と生徒役の植木のおふたりに出てきてもらいましょう。


・同じ数字の刻子を筒子(ピンズ) 萬子(マンズ) ソーズでそろえる
・同じ三色でも こちらは食い下がりはない 常に2ハン


木村『「三色」で「同じ刻子(こうつ)」をつくるから「三色同刻(さんしょくどうこー)(サンショクドウコー)」です。

こちらは、ポンなどをしても下がることはありません。

ただし、出現率は同じ三色でも「同刻」のほうが、ぐっと下がりますね。

あまり見かけないレアな役ですねといっていいと思います。』


植木『こっちはチーやポンしても食い下がりはなくって2ハンのままなんだな。

同じサンショクでも、片方は食い下がって、もう片方は食い下がらないってどういうことなんだ?』

木村『麻雀で食い下がりが適用されちゃうのは「順子(しゅんつ)」系の役ですよニコッ (゚▽゚)v(゚▽゚)v o(゚▽゚)o イェーイ!!
反対に刻子(こうつ)系の役は食い下がりが適用されませんr(^ω^*)))テレマスナ

順子を使った役にあげられるのは「一盃口」「三色同順」
「混全帯公九(チャンタ)」「ジュンチャン」それから「混一色」「チンイツ」などが含まれます。

これらには食い下がりが適用され、ポンやチーをすると点数が下がる、もしくは役そのものが消滅します。

刻子(こうつ)系の役は「ファンパイ(ヤクハイ)」「対々和(トイトイホウ)」「三暗刻(さんあんこ)」「三色同刻(サンショクドウコウ)」などです。
こちらは食い下がりが適用されません<(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!!

この差が何かといえば、使える枚数の多さからくる「作りやすさ」の点でしょう。。。ササx((;・・)ノ o_ _)oドテッ口←出口

麻雀は同じ牌が4枚ありますから
順子(しゅんつ)をつくろうと思えば、4枚+4枚+4枚のうち、それぞれ1枚づつ集めれば完成します。

しかし、刻子(こうつ)をつくろうと思えば、4枚しかないうち、3枚を独占に近い形で集めないと成立しませんΣ(д゚||)ガーンΣ(  ||)ガーンΣ(||゚д)ガーンΣ(||゚Д゚||)ガーン

どちらが難しいのかは明らかですヤレヤレ<(´ロ`')o


もともと集めやすい順子(しゅんつ)系の役で、
それをさらに相手の捨てた牌をもらって作るとなりますとさらに簡単ですから、
じゃあ「食い下がり」という形で点数を下げる調整がされたのだと思いますよ。』


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

三色同刻(出現割合:0.05%)
こちらも実は役満と同じぐらい出現率の役。
自分でも「そんなことは無いと思うな」と心のどこかで思うが、同じ牌が2種類暗子で保有していたとしても、最後の一種類は雀頭になってしまうケースが殆ど。仮に三色同刻が確定した状態を作れたとしても、そこからのウケは案外悪く、中々難しい。余裕のある時に、少し考えてみてはどうだろうか?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。ウーン (Θ_Θ;)


今から9時間後には待ちに待った懇親会だ。
楽しみだ(-m-)ぷぷっ

DORA麻雀


DORA麻雀の日々




おすすめ記事



[PR]

by pldf23z1 | 2014-02-02 02:22


<< DORA麻雀の結果(本日今のと...      映画「ラッシュアワー3」に関し... >>