2014年 02月 13日

映画「誓いの休暇(1959)」について & DORA麻雀の役「対々和」

よし!!スポーツの秋ということで、
スポーツを始めようか(*^o^*)ドキドキ(*゚O゚*)バクバク

何にしようか?アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー
やはり楽にできるスポーツやっぱり
だってしんどいと続かないですからね(`L_` )ククク

さっさと考えよううふ♪(* ̄ー ̄)v

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ここの所映画にぞっこんLOVEなのでレビューを紹介していきたいと考えています。´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)ウフフフフフ

え!?お前の紹介文じゃないの?
なんて突っ込みはスルー(^ー゚)ノヤッタ♪(ー゚ ノ)クル(゚ ノ)クルヽ() クル( ゚ー)クル(゚-^v) ブイ♪


本日は「誓いの休暇(1959)」の感想ですね!!!!ニャハハハ!!ヾ(▽^ヾ)ヾ(  ̄▽)ゞニャハハハ!!


この映画の製作年は1959年です!!

監督はグリゴーリ・チュフライで、脚本がグリゴーリ・チュフライ、ワレンチン・エジョフです!Ψ| ̄ω ̄|Ψブヒャヒャヒャ!!

この映画の主役はウラジミール・イワショフ (アリョーシャ)、ジャンナ・プロホレンコ (シューラ)です!!!(・・*)。。oO(想像中)

なんと! ! 旧ソ連にも、こんなに

素朴で胸に染み入る映画があったんで

すね。

まさに、隠れた名作という言葉がぴったりで

はありませんか。



しかも様々な愛を描く中、厭戦感に

満ち溢れた見事な反戦映画となっている。



当時のソ連の実情から察すると、よくもまあこんな腹の据わった作品を

作ったものだと思う。





この映画は、善意のかたまりの様な主人公アリョーシャに

尽きる。



自然体で望んだかの様な演技は大いに

好感が持てた。

もちろん恋人役のシューラも負けじ劣らず、

初々しく魅力的だった。



物語りは、帰郷途上で出逢う人々との人情話しを

描いているわけですが、なかでも松葉杖の男のエピソードが

ジーンと胸を打ち目頭が熱くなった。



もちろんラストの母が言う「もうどこに

も行かせない 」(確か記憶では)は

、生涯忘れ得ぬ屈指の名台詞。



何回でも見たくなる見事な作品でした。







◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

麻雀の役って一杯ありますよね~。ヾ(>▽<)oきゃはははっ!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は対々和に焦点を当てたいと思います!☆d(o⌒∇⌒o)b ★イエーイ★ d(o⌒∇⌒o)b☆


トイトイホーとは、4つの刻子(こうつ)(もしくは槓子(4枚組))とアタマという形で
アガリした際に成り立つ和了役です。

ポン、カンしても大丈夫ですから作りやすい手となるんです。


ポンして作れるから、配牌の場合に字牌の対子(トイツ)が多い場合、
ドラが多い場合などは積極的に狙ってみるのもいいと思います。


ポンせずにこの形を作ってツモであがれば、四暗刻(すーあんこ)という役満となります。

こんな役との複合が可能です。


■断公九(タンヤオ)との複合・・・断公九(タンヤオ)とは2~8の数牌(シューパイ)だけでそろえるあがり役


■混老頭との複合・・・混老頭(ホンロウトウ)とは面子全部が公九牌(ヤオチュウハイ)(1・9と字牌)だけで構成された和了役です。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

対々和(出現割合:3.92%)
順子が無ければ良い単純な役。
しかし意外にその出現頻度を少なく、それでいて喰い下がりが無い対々和は鳴き麻雀を展開する人にとっては必ず視野に入れて打つ役である。「帯ヤオ九」以外にも「混一色」、さらに「三色同刻」も視野に入れるケースもあるだろう。ドラの副露の場合はハネ満まで伸びるケースも珍しくないので鳴きながらゲーム自体を終わらせる破壊力を持つ場合もある。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じ。。。o(゚^ ゚)ウーン


本日はこの辺で!
しかし今日は足が痛いなあ
ばいば~いオヤスミ (*~¬~*)/。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆



おすすめ記事



[PR]

by pldf23z1 | 2014-02-13 06:40


<< DORA麻雀の結果(本日今のと...      映画「ブルース・オールマイティ... >>