2014年 02月 28日

映画「デッドマン・ウォーキング」の感想 & DORA麻雀の役「ツモ」

2日前、健康診断の診断結果が戻ってきてしまった。。(* ̄m ̄)プッ

その結果はというと
どの数値も異常なし柱|皿 ̄)q゙ウシシシシ

いや~~~、良かった
ここんとこ、入浴を週4日位してるご褒美なのかな?( '∇')ウフフフフ

今後も継続しよ(-ι- ) クックック

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の感想を紹介したいと燃えております!!Ψ(`◇´)Ψウヒョヒョヒョ
とは言ってもヤフーにある感想ですが°゚°。。ヾ( ~▽~)ツ ワーイ♪


本日は「デッドマン・ウォーキング」の感想ですね!\(^▽^)/


この映画が作られた年は1995年です!!

監督はティム・ロビンスで、脚本がティム・ロビンスです!=^-^=うふっ♪

この映画の主役はショーン・ペン (マシュー・ポンスレット)やスーザン・サランドン (シスター・ヘレン・プレイジョーン)です!r(-◎ω◎-) 考え中.....

この映画の俳優さんは、ショーン・ペン、スーザン・サランドン、ロバート・プロスキー、レイモンド・J・バリー、R・リー・アーメイ、ロイス・スミス、スコット・ウィルソン、クランシー・ブラウン、ジャック・ブラック、エヴァ・アムッリって感じですね。 ̄m ̄ ふふ

こういう映画ですから、死刑制度の是非に

目が奪われがちなのは仕方のないことかもしれません。



しかし、この映画は、死刑囚の魂の救済は

いかにして可能か、というテーマに

取り組んだものと私は解釈しました。



その救済は、犯罪者が自己以外のもの(外在的要因)に

責任を転嫁しようとする性向を持ちが

ちであることと、被害者の心情(魂の平穏)への配慮が

必要不可欠であることから、必然的に

困難とならざるを得ません。



ティム・ロビンスはその辺りを的確に

えぐっているといえるでしょう。

もっとも、キリスト教の素養がない限り、

魂の救済といっても理解されにくいかもしれません。





そういう意味では、観客を選ぶ映画で

す。



ともかくも、死刑執行に至る一連のシークエンスは

圧巻。



これほど心を揺さぶられる場面には

、なかなかめぐり逢えません。

この場面では、映画館全体が張りつめた雰囲気に

包まれたことを思い出します。





◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

麻雀の役って一杯ありますよね~(( ̄( ̄一*( ̄一* ̄)一* ̄) ̄))キラン,,,フフ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回はツモを説明したいと思います。~\(^-^)/バンザーイ./( )\モヒトツ\(^o^)/バンザーイ



門前ツモとは、面前(メンゼン)の状態のツモの事で、
ポン、チー、ミンカンをしない自分のツモだけで面子をそろえてアガル役です。

正確には面前自摸和と呼びますが、普通はツモ、メンゼンツモなどと呼びます。


■門前(めんぜん)でのハン数 : 1
■鳴いた時の翻数 : 無し


当然ですが、ロンあがりではメンゼンツモとはなりません。


他の人から鳴いていなければどんな形でも成り立ちます。

他に役がなくてもメンゼンツモだけで上がる事ができますため、
リーチ(立直)をしなくてもいい事から、その場の状況に応じてうまく使えば、
自分の手の内を明かすことなく和了る事ができるニヤリビーム!!(ノ ̄ー ̄)‥‥…━━━━━☆( ̄  ̄)………( ̄∇ ̄)ニヤッ


※覚えておこう!

敵から鳴いている状態で、手牌に役が無いのにもかかわらず、
勘違いしてメンゼンツモ!とあがってもチョンボとなってしまいます。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

門前清自摸和(出現割合:17.6%)
面前で安全に逃げ切るか?
早上がりでリスクを負って勝負を決めるかの二種類の考えがDORA麻雀にあり、ラス回避を考えるのならばいつでも降りれる状態を視野に入れて門前清自摸和を使うのは非常に有効だろう。いつでも降りれる、と言うのがこの役の一番のポイント。手が伸びない愚形ならばこのまま廻し打ちをしつつ展開するのも良いだろう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じ・・・( ̄. ̄;)エット( ̄。 ̄;)アノォ( ̄- ̄;)ンー


今晩はこの辺で
今日は何故か肩が痛い。。治ってほしいなあ。。
明日もあるしおやすみ~オ┤* ̄O ̄*├ヤ┤*-.-*├ス┤_ _├ミ



おすすめ記事



[PR]

by pldf23z1 | 2014-02-28 08:03


<< 映画「イージー・ライダー」のレ...      DORA麻雀の役「タンヤオ」 ... >>