2014年 03月 09日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 170 $の勝ち & 映画「天城越え(1983)」のレビュー

本日のフジテレビ 占いチャンネルでは上の方の運勢でしたので、
今日は新たなことに挑むべきか。。
ここのところ、ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーンにハマってみよかとウズウズしてるんですよね(`ー´) クククッ
新しいことってゲームなんかいと思われそうですが
遊びって生活の重大な要素なのです| ̄(エ) ̄) |(エ) ̄) | ̄) |ドロン!パッ *
同意?
必要ないです(^^)ニコ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

近頃映画命な感じなのでレビューをご紹介したいと思います。 ̄∇ ̄)/□☆□\( ̄¬ ̄ カンパ-イ!

はい!?お前のレビューではないの??
なんて突っ込みは華麗にスルーします(‐^▽^‐) オーホッホ


本日は「天城越え(1983)」の感想について紹介しようかと思っています!!!ヾ(⌒∇⌒彡☆キャッキャッ彡☆⌒∇⌒)ツ


この映画が作られた年は1983年です!!!

監督は三村晴彦で、脚本が三村晴彦、加藤泰です!!!ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、'`,、

この映画でメインで出てくる人は大塚ハナ演じる田中裕子です・・・( ̄. ̄;)エット( ̄。 ̄;)アノォ( ̄- ̄;)ンー

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、渡瀬恒彦 (田島刑事)、伊藤洋一 (小野寺建造(中学時代))、平幹二朗 (小野寺建造)、吉行和子 (建造の母)、小倉一郎 (建造の叔父)、柄本明 (旅の呉服屋)、坂上二郎 (旅の菓子屋)、佐藤允 (江藤署長)、石橋蓮司 (土屋良作)って感じですね☆(*^o^)乂(^-^*)☆ ヤッタネ!!

分かるようでイマイチ分からないところもある映画。



本作の少年にそれほど感情移入できなかったので

、個人的には高くは評価しにくい。





田中裕子に惹かれるかどうかでも感想が

異なりそうだ。

少年(印刷会社社長)の犯行であることは

一目瞭然なので、なぜ彼が人間を殺さざるを

得なかったのかという犯行の動機が

ポイントなるが、それが明瞭になっても、

それほど深くは感じ入れなかった。



犯行の動機は、“男”としての性や優劣競争のようなものだろうか。



「俺はこんな奴に負けたわけじゃない」「オマエのせいで

俺の・・・」という思いや憤りが爆発したのだろうか。

自分の母親も叔父さんに取られたようなことに

なっており、“男”として敗北感や“子ども”という無力感が

既に根付いていたのかもしれない。



少年も若いなりに“男”が爆発したが

、本作の監督も“男”として爆発し、

田中裕子をそういった視点から上手く撮っている。



それにきちんと応えている田中裕子を

褒めるべきかもしれないが。

ただ、天城のシーンはよく撮れているが

、現代のシーンは評価できるもので

もない(最後の意味不明なところもあるカットも興ざめ)。





コントメイクの老刑事とのやり取りも何かを

感じ取れるものはない。



結局、ハナも無罪となったものの、

病気で死んだというのもやや引っ掛かるところだ。





ハナが無罪となっては、彼が犯した“罪”の重さも変わってくる。



時効によって罪は消えるかもしれないが

、罪の意識は消えることはないはず、

ましてや他人(好きな女性ならばなおさら)に

罪を押し付けるということはどれだけ心に

深く刻まれるかということをもうちょっとアピールして欲しいところ。



そのためにも、無罪や病死というのは

いかがなものか。



そもそも彼女が無罪となったら、少年に

も嫌疑が掛かるものではないか。



彼女が罪を被れば、少年が罰せられなかった理由は

分かる。





しかし、彼女の言動に何か引っ掛かるところが

あり、引退した刑事が最後に犯人と向き合うという形に

した方がよいかもしれない。

刑事自身も自分が犯した“罪”と向き合ってもよい。



彼も“男”として初めて向き合った殺人事件を

解決したい、“男”として“女”に

なめられたくないという思いがあったのかもしれない。





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

麻雀の役って一杯ありますよね~v('ω'*v)ピースピース(v*'ω')v
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回は天和に焦点を当てたいと思います。ヽ(*^^*)ノ


親の場合に配られた時点で完成している

自分が親の場合、配牌された状態で和了りの形が揃っていた時に成立するんだ役満です。

一生に1回あるかないかといった奇跡的な役満ですね。

説明としては簡単で配られた場合に完成していれば役満「天和(テンホウ)」になる。

「完成している」は通常の3枚1組のグループが4つと雀頭の形、
もしくは「七対子型(七対子(チートイツ)型)」と後ほど紹介する「国士無双(コクシムソウ)型」が該当します。

特に技術を必要としない、まさに天からの授かりものといった感じですね。

数学的な確率では33万回に1回と言われているため、本当に気の遠くなりますような時間がかかりますね、ヽ`(~д~*)、ヽ`…(汗)

長年のキャリアを持つ雀士でも、和了したことがある人のほうが珍しいでしょうw|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!


天和は親の順番の時にのみ与えられた役になるんですo(^o^)o ワクワク


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀の場代ってどうなの?

DORA麻雀の解説を見てみましょう



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

天和(出現割合:0.000003%)
麻雀の役の中で一番出にくい役。
ダブル立直ならばちょくちょく見れるが、確率的に33万分の1と言われている役満。
しかし麻雀人口が圧倒的に多い日本では見たことがある、出したことがあるという人もちらほら。賭け麻雀の場で実際に目の当たりにしたらその人間が何かしていないか疑うレベルの役満だ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。r(-◎ω◎-) 考え中.....



DORA麻雀 2chまとめ

本日はこの辺で!
今日はお腹が痛いなあ
明日もあるしおやすみ~( ゚o゚ )オ(゚▽゚)ヤ( ゚・゚ )ス(゚━゚)/~ミー



おすすめ記事



[PR]

by pldf23z1 | 2014-03-09 07:39


<< DORA麻雀の結果(本日今のと...      映画「鴛鴦歌合戦」のレビュー ... >>