2014年 03月 09日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 104 $の負け & 映画「大魔神怒る」について

うし!「スポーツの秋」やし、
何か競技をスタートしますか(^・ェ・^)(^._.^)(^・ェ・^)(^._.^)ウンウン

何が僕に適してるかな?(^▽^;)
楽に始められるスポーツといえばサッカーかな~
僕にとっては(@Д@; アセアセ・・・

けれども、一人だと継続できる自信がないヾ(▼へ▼)〃ヤダヤダ!!
誰か一緒にやる友達緩墓Ψ| ̄ω ̄|Ψブヒャヒャヒャ!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の魅力を伝えたい!と燃えております!!!!(⌒∇⌒)
とは言ってもyahooレビューですが。(ёё。)(。ёё)。うふうふ♪


今回は「大魔神怒る」の感想について紹介しようかと思っていますキラッ ( = ̄+∇ ̄=)v イエーイ


この映画が作られた年は1966年です!!!

監督は三隅研次で、脚本が吉田哲郎です!\(o⌒∇⌒o)/

この映画の主役は本郷功次郎 (千草十郎時貞)や藤村志保 (早百合)です!!!!( ̄ヘ ̄;)ウーン

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、神田隆 (御子柴禅正)、丸井太郎 (度々平)、内田朝雄 (名越兵衛)、藤山浩二 (荒井一角)、北城寿太郎 (鬼子島玄蕃)、水原浩一 (土肥嘉門)、平泉征 (田部隼人)、橘公子 (くめ)って感じですねヽ(‘ ∇‘ )ノ ワーイ

取り立てて何が良くなった、悪くなった、

と言う訳でもない話だが、ひとつだけ私的に

は不満が残るのは、今作以降の魔神は

、聞き分けが良く、きっちりワルモンとイイモンを

区別して、目的がすんだら行儀良く帰る、

という事だ。



魔神なのに、ヒーローになってしまった。



コメディアンになったゴジラよりは

ましだが。



 今作は前作と違って、ワルモンも火薬を

使う事で派手で強力になった。



まず初めに石像が木っ端みじんになるし、

怒ってからも吹き飛ばされそうな場面もある。



それでも結果が決まっている話だから、

ドキドキ感は無いけれど。





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

麻雀の役って一杯ありますよね~( ( ̄ (ー ̄( ー ̄( ̄ー ̄( ̄ー ̄))ヒダリムケーニヤリッ!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は四槓子に焦点を当てたいと思います!!!( ^^)/ロ≧☆チン!≦ロ\(^^ )


現時点では「4つ槓(カン)をした上で雀頭をそろえて上がり切る」事が
成立の条件とされている際が殆どだが、
ルールによっては4つ目の槓をした時点で役満成立として和了りを認める場合もあるのです。
(ただし直後に捨てた牌でロンがかからない際)

ただしこれは由来を考えるとローカルルールと言うよりは中国麻雀の古いルールとも言うべきものです_(⌒▽⌒)ノ彡☆ばんばん!

元々の元々は槓(カン)4つがすべて一人によるものかどうかに関係なく
四回の槓(カン)で流局としていたが、日本に麻雀が伝わったりしている間に、
四回の{槓}}が発生した際、それらが全て同じ人だったら、
流局ではなく役満扱いにしよう」と言うルールが出来た。

いわば流し満貫のような特殊役として発生したものですね(・Θ・;)アセアセ…


さらにその後、「上がっているのに雀頭が無いのはおかしい」という事から
雀頭まできっちりとそろえて初めて和了りと言う現在のルールが出来あがった    フラー ~~~(((m-_-)m|EXIT|



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

四槓子(出現割合:0.000234%)
都市伝説クラスの役満。
カンを四回すれば良いだけと説明は非常に簡単だが、実際に目にする機会は殆ど無い。
確率的にはワンランク下の三槓子で出現率の高い役満と同じぐらいの確率。
そこからさらにもう一度カンをするといった確率は、想像以上だろう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じうーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ



DORA麻雀の実践記

この辺りで!
しっかし今日は何故か腕が痛い。。治ってほしいなあ。。
明日もあるしおやすみ~お(^○^)や(~o~)す(゚o゚)みぃ(- -)。0O



おすすめ記事



[PR]

by pldf23z1 | 2014-03-09 22:19


<< 映画「デス・レース2000年」...      DORA麻雀の結果(本日今のと... >>