2014年 03月 10日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 196 $の勝ち & 映画「イルマーレ(2006)」について

う~~ん、やばいな。。2日前、健康診断の診断結果を渡されました(>▽<;; アセアセ

診断結果がう~~ん。(/_;)しくしく

とにかく食事制限か運動を始めないとダメだから
はー。ダイエットか~。。(。´Д⊂) ウワァァァン!!

食事制限は無理だから
スポーツか。。ヽ(´・`)ノ フッ

何が俺に適してるかな?∑(; ̄□ ̄A アセアセ
楽に始められるスポーツといえばエアロビクスですかね
私に限っては~(=^‥^A アセアセ・・・

しかし、独りでやるとやると継続できる自信がないです┐(´-`)┌
誰か一緒に続けられる仲間を誘うべきだなψ(`∇´)ψ ウキョキョキョキョ

----------------------

ここのところ映画にぞっこんLOVEなので感想をご紹介したいと燃えております!!!Very! (* ̄▽ ̄)db( ̄▽ ̄*) Good!!

え!?自分のレビューは?
なんてツッコミは華麗にスルーします( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ


今回は「イルマーレ(2006)」の感想について紹介しようかと思っています。。(ёё。)(。ёё)。うふうふ♪


この映画の製作年は2006年です!!!!

監督はアレハンドロ・アグレスティで、脚本がデヴィッド・オーバーンです。ヽ(;´Д`)ノわらいすぎた~っ!!

この映画でメインで出てくる人はキアヌ・リーヴス (アレックス・ウィラー)、サンドラ・ブロック (ケイト・フォースター)です;;;;(;・・)ゞウーン

この映画の出ている人列挙するとキアヌ・リーヴス (アレックス・ウィラー)、サンドラ・ブロック (ケイト・フォースター)、クリストファー・プラマー (サイモン・ウィラー)、ヴィレケ・ファン・アメローイ (ケイトの母)、ディラン・ウォルシュ (モーガン)、ショーレ・アグダシュルー (アンナ)、リン・コリンズ (モナ)って感じですね(≡^∇^≡)ニャハハ

韓国版は見たことがあるものの、相当前で

あんまり覚えていなかったのが幸いしたのか、

新鮮な気持ちで楽しめました。



悪くないですよ。



この超低空飛行な恋愛模様。



全然舞い上がれないこの感じが、普通の人間の日常に

とてもしっくりと寄り添うような雰囲気が

ありました。



モーガンの存在も、誰かと一緒に居るのに

孤独を感じる、そんなところを描き出すに

は不可欠でした。



ま、別れても自分から現れるモーガンに

ついては妥協の産物の極みって感じの関係だったし、

始めから分はなかったな。





----------------------

麻雀の役って一杯ありますよね~。(´_ゝ`)クッククク・・(´∀`)フハハハ・・( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は混一色に焦点を当てたいと思います!!!(* ̄ー ̄*)ふふん!!


混一色(こんいつ)というのは良く狙う役の一つですね。
ここでは、師匠役の金城と生徒役の西野のお二人に出てきてもらいましょう。


・1種類の数牌+字牌で成立
・ポン・チー・明槓をすると3ハン→2翻に下がる
・捨牌が片寄るので相手に読稀有やすい


西野『これはわかりやすいよな。』


金城『弱点も多いのが混一色(ほんいつ)などの染め手の特徴ですよね。
まず捨牌が片寄るのでに、相手に読まれやすいですね。

それから終盤になって、自分が集めている種類以外の牌を引いてきても、自分には使い道がないため、
どんなに危険でも和了るために捨てないといけないわけです。柔軟性に欠ける役といえるかもしれません。

ポン チーしないんだで、面前での混一色(ホンイツ)は「メンホン」「タテホン」と呼ばれています。

逆にポン・チーしての混一色(コンイツ)は「バカホン」などと呼ばれます。

ポン・チーしてのバカホンは、役牌(ファンパイ)などが絡まないと単独では意外に点数低いものです。』


西野『漢字で書けば「混一色」ですから、「字牌が混じって数牌が一種類」という意味ですね((┌(。△。)┐))ワッハッハ』



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀のトーナメントで優勝したい

DORA麻雀の解説を見てみましょう



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

混一色(出現割合:6.31%)
変化からの手としても初めは見るものの、最終的には狙っていかないと作れない混一色。
赤ドラが無いDORA麻雀では早く火力の高い手を作るのに魅力的で、それでいて役牌やドラが絡めば鳴き有りでも満貫が見える手。
染める色は捨て牌からどうしても特定されやすいのは避けられないが、こちらも一撃で勝負を決める手になる場合もシバシバ。トップを狙いに行く時には是非頼りたい。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。`s(・'・;) エートォ...



流し満貫をはじめ、オカルトルールはない。

この辺りで!
しっかし今日は何故か太ももが痛い。。治ってほしいなあ。。
ばいば~いお(^o^) や(^O^) す(^。^) みぃ(^-^)ノ゙



おすすめ記事



[PR]

by pldf23z1 | 2014-03-10 20:59


<< 映画「サンダーバード(2004...      映画「デス・レース2000年」... >>