DORA麻雀を楽しむ方法

pldf23z1.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 02日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 38 $の負け & 映画「スクリーム3」について

本日のMBS・ぷいぷい占い 血液型別今日の運勢では上の方の運勢だったから、
今日は新しいことに挑戦してみようかな?
近頃、ゲームで発見!!たまごっち2を買おうかとウズウズしてるんですが中々行動に移せなかったんですよキャハキャハ!!(^Q^)/゙
新たなことってゲーム?と思われそうですが
ゲームは人生において重大な要素です∥出口∥ヽ(^^ゞ。。。。デハ、、シツレイ
シンパシー?
要りません(( ̄( ̄一*( ̄一* ̄)一* ̄) ̄))キラン,,,フフ

++++++++++++++++++++++++++

ここの所映画一筋な感じなのでレビューをご紹介したいと思います!(´_ゝ`)クッククク・・(´∀`)フハハハ・・( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!

はい??あなたのレビューじゃないの?
なんて感想はスルー(='m')くすくすっ♪


今日は「スクリーム3」の感想を紹介したいと思っていますVery! (* ̄▽ ̄)db( ̄▽ ̄*) Good!!


この映画の製作年は2000年です!

監督はウェス・クレイヴンで、脚本がアーレン・クルーガーですプププッ (*^m^)o==3

この映画の主役はネーブ・キャンベル (シドニー・プレスコット)、デヴィッド・アークエット (デューイ・ライリー)です!!!!(´ヘ`;) う~ん・・・

取り敢えず、この映画の俳優さんは、ネーブ・キャンベル、デヴィッド・アークエット、コートニー・コックス、パトリック・デンプシー、パーカー・ポージー、エミリー・モーティマー、ランス・ヘンリクセン、リーヴ・シュレイバー、ケリー・ラザフォード、ヘザー・マタラッツォって感じですね。(o^∇^o)ノ

3作目ともなるとマンネリ化が懸念されるところ、

しかし派手な爆破シーンなども取り入れてみたり、

舞台を映画製作現場として作品のメタレベルを

引き上げたり。

と、結構楽しめた記憶はあったんだけど、

えーと犯人誰だっけ。



という訳で再見。



ミステリって、犯人忘れたら何度で

も楽しめるからいいですよね。





記憶力が衰えてくると、いいこともあるもんで

す。



喜んでる場合じゃないけど。



でまあ本作、順当に行けば、犯人は

どう考えても「キャリー・フィッシャー」で

すよね。



いや、さすがに彼女が犯人ではないことは

、私のかすかな記憶が示しているんだけれども、

でもこれが模範解答じゃなかろうか。



・・・で結局、意外にフツーな犯人で

、さすがはスクリーム・シリーズ、

しっかりとウラのウラをかいてくれました。



しかもこのヒトが真犯人だなんて、

1年後くらいにはきれいさっぱり忘れてそうなので

、また楽しんで観られそうです。



ヨカッタヨカッタ。



++++++++++++++++++++++++++

麻雀の役って一杯ありますよね~(´m`)クスクス
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回はハイテイに焦点を当てたいと思います。ラッキー\(^^\)(/^^)/チャチャチャ


ハイテイツモとは、ハイテイ牌で自摸和了する和了り役です。

豆知識ですが、東家から始めて誰もポン・チー・ミンカンをしていない際は、
ハイテイ牌は南家が自摸りますが、誰かがポン・チー・明槓をした時は順番が変わるので、
違う人がハイテイ牌をツモることになります。


他に役が無くても上がることができますが,
1局につき誰か1人にしかチャンスのない役で、
作ろうと思って作れる役ではありませんため
初めからハイテイツモを期待してはいけません!。



海底牌(ハイテイハイ)とは

その局で自摸ル事の可能な最後の牌を海底牌(ハイテイハイ)と呼びます。

ハイテイロンとは、ハイテイ牌でロン和了する和了役です。
正式名は河底撈魚[ホウテイラオユイ]です。

自分が一局の最後の際、無理にテンパイを狙いすぎて完全に安全牌ではない牌をきってしまったりすると、ハイテイロンであがられてしまう際もあります。



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀 登録

DORA麻雀の解説を見てみましょう



------------------------------------------------------

ハイテイ(出現割合:0.94%)
ハイテイには2種類あります。
河底撈魚
最後の牌で出上がりした時に付く役。
実は出現割合:0.63%以上に遭遇している感覚は強いはず。というのも、基本的に麻雀で流局になることもあまり無いが、ラス牌などはリーチをしている状態やテンパイ維持が他家も頭の中を過ぎるはず。456の危険牌なんてそうそう捨てないイメージもあるが、そうでなくともこちらのテンパイが16巡目なども麻雀ではシバシバある。期待するほどではないが、「もしかしたら……」ぐらいで考えておくと良いかもしれない。

海底摸月
最後に引く牌でツモ上がりをすること。狙ってできないのは当然で、視野に入れて打つ必要も全くない。トップを取りに行ってる最中でどうしても点数が足りない時、裏ドラに賭ける状況は全く無くは無いが、さすがに海底摸月は狙いにいけない。上がったらラッキーぐらいに思っておきましょう。


------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。どんなだろう・・?(・・*)。。oO(想像図)


今晩はこの辺で
しっかし
さよなら~~(=^‥^)ノ☆ おやすみニャ。



おすすめ記事



[PR]

by pldf23z1 | 2014-04-02 16:58


<< DORA麻雀の結果(本日今のと...      DORA麻雀の結果(本日今のと... >>