2014年 04月 05日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 154 $の勝ち & 映画「日の名残り」のレビュー

今日のおみくじタマゴではかなり良い結果でしたので
今日は新たなことに挑むべきか。。
ここのところ、ポケモンスタジアム金銀にハマってみよかとウズウズしてるんですが中々行動に移せなかったんですよ( ̄ー ̄)ニヤリッ
新たなことってゲームなのかよと思われそうですが
余暇って生活の重大な要素なんですマタネ♪ヾ(゚-^*)≡(((((((*゚-)ノ |EXIT|
共感??
いりませんヾ(@~▽~@)ノ

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の魅力を伝えたい!と燃えております!!ヽ(▽^〃ヽ)ヽ(〃^▽^〃)ノ(ノ〃^▽)ノ ワーイワーイワーイ♪
とは言ってもyahooレビューに載ってる感想ですが( ̄∇ ̄)


今回は「日の名残り」の感想について紹介しようかと思っています!!!!(¬w¬*)ウププ


この映画の製作年は1993年です。

監督はジェームズ・アイヴォリーで、脚本がルース・プラワー・ジャブヴァーラです!!!ヤッタァー!\(`∇\)(/`∇)/ヤッタァー!

この映画の主役はアンソニー・ホプキンス (ジェームズ・スティーヴンス)ですうーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ

この映画の俳優さんは、アンソニー・ホプキンス、エマ・トンプソン、ジェームズ・フォックス〔男優〕、クリストファー・リーブ、ピーター・ヴォーン、ヒュー・グラント、パトリック・ゴッドフリー〔男優〕、レナ・ヘディ、ベン・チャップリン、マイケル・ロンズデールって感じですね。Λ(_Δ_)Λ 逆さイエーイ♪

これを見たのは2年位前なのですが、

場面の一つ一つが今でも良く思い出される映画で

す。



やはりバス停での別れのシーンは今で

も鮮明に思い出せるぐらいです。



最近原作を読みました。



なめらかな文章でやはり映画には描ききれないほどの内容で

した。



映画よりさらに淡々としたものです。





しかし、そうした淡々とした、感情を

押し殺した毎日の中にも彼の心中に

一点赤く、彼女のことをいつも強く思い抱いている彼の心情は

どちらにもよく表現されている作品で

す。





◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

麻雀の役って一杯ありますよね~。(・-・*)ヌフフ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は清一色を説明したいと思います!!!ヽ(  ´  ∇  `  )ノ ワーイ


喰い下がりありの六ハン役(鳴けば五翻)。
手14枚を全部一色に染め上げる至高の役。


その見た目の美しさと、役満を除いた全ての役の中で最も高い翻数を持つ
打点の高さは病みつきになりますほど……

だが、それ相応にあがりにくく、リスクも高い壁|〃´△`)-3ハゥー

まず、同じ色の牌が14枚も必要になりますから、
配牌の際点でよほど偏っていなければ厳しい。

チンイツを狙える配牌を引き当てても、
往々にして「万子だけ一切捨てられていない」と言うような河になるんですため、
清一色狙いがすぐバレて警戒の対象になりやすい。


特に、数牌の4~6などの、本来なら使い勝手が一番良く最後まで残されるはずの牌を
序盤から切っているとなおさらすぐバレるため、
鳴き・ロンはあまり期待出来ません(*゚ー゚*)ポッ


また、一色で染まるということは構成が複雑になるんですことも意味する。

清一色でない、異なります色の数牌を使う普通の平和(ピンフ)などの手や、
チンイツでもいくつも鳴いた手では、どの牌がどの面子(メンツ)に属しているのかは容易に判別出来る。

しかしながら、面前(めんぜん)の清一色(チンイツ)だと1つの牌が他の色んな牌とメンツを組める状態になるから、
待ちが3面張は当たり前、多ければ5面張以上にもなるんです事がある。

うっかり誤立直・誤ロンしないんですように細心の注意を払わなくてはなりませんコッチャコイ (o ̄∇ ̄)ツ))


なお、九蓮宝燈は清一色(チンイツ)の上位に位置する役で、
111・2~8・999+何かという形ですね。また、ローカル役の大車輪は認められない時、
断公九・平和(ピンフ)・二盃口(リャンペーコー)・清一色の11ハン役となるんです(;´▽`A``


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

清一色(出現割合:0.94%)
「ロン!」と言われて全て同じ色なら頭の中が真っ白になるぐらい麻雀の中で圧倒的な破壊力を持つ役。喰い下がり五飜もドラや一気通貫ですぐにハネ満まで見える。
もちろん、局を終わらせるぐらいの火力を持つのだからその勝負手は危険牌をどんどん切る覚悟も必要になる。テンパイならもちろん勝負だが、イーシャンテン、リャンシャンテンなら少し迷うところだ。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じ(´ヘ`;) う~ん・・・


今晩はこの辺で
しっかし今日は腰が痛いなあ
ばっはは~いオ(o・0・o)ヤ(o・ェ・o)ス(o-ェ-o)ミィ(o_ _)o.zZ

DORA麻雀 賞金




おすすめ記事



[PR]

by pldf23z1 | 2014-04-05 17:11


<< 映画「サマータイムマシン・ブル...      DORA麻雀の結果(本日今のと... >>