2014年 04月 18日

映画「コンタクト」のレビュー & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 129 $の負け

季節ももうすっかり夏が終わり秋だね(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪
床に入るときも少し肌寒く毛布を用意しないと寒い気がします
インフルエンザにかからないように暖かくして寝ようjё_ёjj エヘ♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ここの所映画に夢中になっているのでお勧め映画の感想をご紹介させて頂きたいと思います!!!ィェィ♪(v〃∇〃)ハ(〃∇〃v)ィェィ♪

はい??あんたの紹介文は?
なんてツッコミは華麗にスルーします((o(>▽<)o)) きゃははっ♪


本日は「コンタクト」の感想を紹介しようかと思っていますΨ(*`Д´*)Ψグヘヘヘ!!


この映画の製作年は1997年です!!

監督はロバート・ゼメキスで、脚本がマイケル・ゴールデンバーグ、ジェームズ・V・ハートです┗┓ ̄旦 ̄┏┛フフフ┏┛_日_┗┓フフフ┗┓ ̄旦 ̄┏┛フフフ

この映画でメインで出てくる人はジョディ・フォスター (エリー・アロウェイ)やマシュー・マコノヒー (パーマー・ジョス)です!!!(*'へ'*) ンー

この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
ジョディ・フォスター (エリー・アロウェイ)、マシュー・マコノヒー (パーマー・ジョス)、ジョン・ハート (ハデン)、ジェームズ・ウッズ (マイケル・キッツ)、トム・スケリット (デヴィッド・ドラムリン)、デヴィッド・モース (テッド・アロウェイ)、ウィリアム・フィクトナー (ケント)、ロブ・ロウ (リチャード・ランク)、アンジェラ・バセット (レイチェル・コンスタンティン)、ジェイク・ビューシイ (ジョセフ)ってな感じ。d(⌒ー⌒) グッ!!

ゼメキス作品って、アッと驚く特撮を

、アッと驚く地味な場面で使ってて(後の『ホワット~』で

さらに加速)、観ててニヤリとしてしまう反面、

「力をかける場所が間違ってるんで

は?」という気もしてきます。



この映画だったら例えば、少女時代のエリーが

、倒れた父親を発見し、薬を取りに

走っていくシーン。



まさにアッと驚く特殊効果ですが、

必然性が感じられない分、ちょっとイヤミな感じもします。





さて、内容の方ですが、ムムム、なんちゅう展開の早さ。

映画早々にパーマーと知合ったと思ったらいきなりベッドイン。



エリーの内面は掘り下げられないし、

無邪気に研究に打ち込む「研究者らしさ」も充分描かれない。





人物像が薄っぺらに感じられます。





ストーリー上は割と故セーガン博士の原作に

沿ってるものの、表面的すぎて、原作で

描かれるエリーの魅力が、どこにも無いんで

すよね。

脚本さえちゃんとしてれば、ジョディ・フォスターという人は

この役にピッタリだった筈なのですが

・・・。



あと、原作では各国の協力が如何に

重要かを強く訴えているのに、そういうグローバル的な視野も欠けてしまいましたね。





マシンに乗るのはエリーただ一人だし、

大統領役にクリントン本人が出演するなんて(??)、

まさにアメリカ万歳、米国中心ぶりが

むしろ強調されてしまってます。



映像化の難しそうなこの小説をよくぞここまで

映画化した、と思えばこそ、「仏作って魂入れず」という印象も拭えないので

す。



そうそう、日本の描き方にご不満の方もおられるかもしれませんが

、これでも結構良心的かもしれませんよ、

何しろ原作では、日本の技術者は気合入れるために

皆ハチマキしてることになってましたから。





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

麻雀の役って一杯ありますよね~。\(^▽^)/
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回は二盃口を説明したいと思います(= ̄▽ ̄=)V やったね


三翻役。一盃口(イーペイコウ)が二つで二盃口(りゃんぺーこー)です。
一一二二三三556677中中といった形。

一見対子が七つで七対子(チートイツ)(25符2翻)が成立しそうに見えるが、
高点取りの原則に基づきこちら(20~40符3翻)が成り立ちます。

当然ながら面前限定で成立します役ですね。


なかなかお目にかかれないレア役であり、
過去に麻雀格闘倶楽部がアガリ役のデータを集計した場合には、
一般役の中で三槓子(4枚組)に次いで二番目にあがり回数が少ない役だった。

それどころか、四暗刻・国士舞双(コクシ)・大三元といった割とあがりやすい役満役と
同レベルのあがり回数となっている 。でも三翻役。


狙い方としては一盃口(イーペイコー)と雀頭を確定させた状態で56677と両面待ちで構えるのがベターか。

雀頭が役牌でなければ同時に平和が成立します
(ロン30符4翻(7700/11600or満貫)、自摸満貫)。


リーチと合わせれば満貫も狙える役なのだけど、
安目を引いてしまうとイーペイコーしか成立せず得点が暴落してしまう。

難易度の割には実入りが少ないと言わざるを得ない。

なお筒子の2~8を二枚ずつ集めて作った二盃口(リャンペーコー)を大車輪と呼んで
役満扱いするローカルルールが存在する。

もっともローカルルールがなくても、確実に断公九(タンヤオ)・平和(ピンフ)・二盃口(りゃんぺーこー)・
清一色の複合で11翻となり三倍満以上確定、リーチやツモ・ドラが
乗れば数え役満成立というレベルだから、それほど威力が変わるわけではない。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

二盃口(出現割合:0.05% )
こちらも出現率はかなり低いし、加えて複合も狙いにくい。しかし手牌の変化から狙える役ではあるので、ここは役を高める、廻し打ちで回避するといった形で狙えるので意外と融通は利く。ただその場合は二盃口確定というのは中々難しく、手広く打つ場合の殆どが平和、一盃口(高め二盃口)といった形になる場面が多い。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じ(━_━)ゝウーム


今から1時間後には待ちに待った専門学校の友だちとの麻雀だ。
楽しみだなあ~~´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)ウフフフフフ



おすすめ記事



[PR]

by pldf23z1 | 2014-04-18 19:18


<< 映画「ひまわり(2000)」の...      映画「ガリバー旅行記(2010... >>